FC2ブログ

engineering KIYONAGA

CBX400F ボーリング 内燃機加工

なんとなく弊社のイメージ的にはZ系や古いハーレーのご依頼が多いかと思われるかもしれませんが、実はミドルクラスの内燃機加工も多く承り、ご用命いただいております。

そんな中、今回は何故かこのところ各種ご依頼が増えている(?)HONDAを代表する名車の一台『CBX400F』です。

内容はボーリングと、ヘッドのバルブ関連整備でした。

ボーリング
IMG_20200707_230958_581.jpg
シリンダー内径面には若干のサビキズがあったのですが支給されたのは0.25osピストン…
ギリギリでしたが何とかキレイに取れて、ホーニングまでキッチリ仕上げました。


バルブ関連、ガイド打ち替え~シートカット~摺り合わせ
PIC_20200709_192723.jpg
HONDAのオーバーサイズバルブガイドは内径/外径ともに寸法合わせが必要ですのでガイド下穴、バルブステム径に合わせてそれぞれ狙いの嵌め合いに合わせて施工します。

PIC_20200709_192556.jpg
仕事の内容に違いはありませんが、やはりハーレーやZとはバルブ数の違いで…
とにかく集中力を絶やさないことが重要ですw


たまたまですが別の方からのご依頼で同じくCBX400Fのエア加圧タイプの純正リアサスのオーバーホールも入庫していました。
PIC_20200625_100152.jpg
こちらはストロークするシリンダーロッドにメッキ剥がれ等のダメージが有ったため再めっきしての修理となりました。


時代背景的に、もしかするとZ系よりハードに扱われてきたかもしれないであろうCBX400Fのエンジンや車体…
長く乗り続けるためのリフレッシュをご検討であれば是非ともご連絡ください♪

スポンサーサイト



  1. 2020/07/22(水) 22:53:44|
  2. 内燃機加工

入庫制限のお願い

お客様並びご関係者様 各位

現在お預かりしている車両がちょっと時間のかかってしまう整備内容のものが多く、弊社入庫スペースが満車状態となってしまいました。
もちろん、なるべくスムーズに車両を入れ替えて受け入れできるよう努力していく所存ではありますが少しの間、車両預かりの整備については入庫制限とさせていただきたく、お願い申し上げます。

尚、車検につきましてはユーザー様のご都合もありますのでそれに合わせて段取りいたしますので通常通り受け入れ可能としております。また、オイル交換やタイヤ交換等の持ち込み整備も通常通りの日時指定の予約制としてお受け出来ますので先ずは遠慮なくご連絡ください!

月末くらいまでには数台が入れ替え出来ていそうな予感と段取りなのでそんなに長くはないと思いますし、もしもお急ぎの案件の場合などは都度対応検討いたしておりますのでこちらもまずはご連絡いただければと思います。

ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。
m(__)m
  1. 2020/01/15(水) 18:18:58|
  2. 日記

本年も宜しくお願い致します。

2020年がスタートしましたね。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞ変わらぬお付き合い、ご愛顧を宜しくお願い致します。

さて、弊社も本日より営業スタートでした。
最初の仕事はZ1のボーリング♪
PIC_20191230_173056.jpg


今年は実働の仕事もブログも計画と予定通りで進行していければ良いなぁ。。


  1. 2020/01/04(土) 10:07:18|
  2. 日記

ハーレー EVO シリンダーホーニング

トルクプレートを装着してのホーニング

内径クロスハッチの綺麗な模様を写真撮り割れてしまいましたが、、、完了♪

DSCN0181.jpg


DSCN0182.jpg
  1. 2019/12/04(水) 16:39:33|
  2. 内燃機加工

Z1000R、”ローソンレプリカ”純正リアサスOH

毎度忙しそうに何かとバタバタしているのは実は仕事がはかどらないから…ということなんじゃないかと気づき始めた今日この頃。。
内燃機加工とサスペンションオーバーホール、それに加えての一般整備や車検業務をもっと効率よくこなしていけるように段取りしていかなきゃなと身に染みて思っております

今回お受けした中でもちょっとレア寄りな3種を小出しにしていこうと思いますw

先ずは、ローレプKZ1000Rの純正SHOWA(ローレプのはカヤバ製なんだろうなと思っていたら何種類かあるみたいですね)
PIC_20190910_111300.jpg
標準的なΦ12.5のロッドではあるものの、シリンダーボディはΦ33とちょっと頼りなくも見える細さ…(一般的にはΦ36とか)

この当時のSHOWAぽい機構がちょっと作業にはアレなんですが(;´∀`)
だけど減衰4段階の効力変化はしっかり効くんですよねぇ
20190909_124819.jpg
ロッドに致命的なダメージがあったので再めっきでリフレッシュしました

このなんともイビツな感じの造形がカッコいいですね!!
20190910_111444.jpg
個人的に憧れのマシンの一つでもあるローソンレプリカ…
今回のリアサスオーバーホールで快調に走っていただけたらなによりです♪
  1. 2019/09/27(金) 23:42:46|
  2. O/H
次のページ

プロフィール

ERK kiyonaga

Author:ERK kiyonaga
エンジニアリングキヨナガです。
HPへもお越し下さい。

ERKのHPへGO