engineering KIYONAGA

Z系シリンダーライナー入れ替え

Z1にφ69ピストンを組み込むためのシリンダーライナー打ち替えでした。

手前が今回使用した弊社オリジナルのシリンダーライナーで、
後ろが抜き取ったものです。
IMG_1982.jpg

これからシリンダーブロック側の下穴ボーリングをして適正な嵌め合いにてライナー交換します。
IMG_1981.jpg
この弊社のZ系φ69用シリンダーライナーは、69mmピストンに合わせてボーリング/ホーニング加工処理を行った際に
ライナー肉厚が片側2.5ミリほど残る
ように作られているので剛性及び耐久性においても自慢の一品なんです♪


もちろんピストン組み込みの際の面取りもしてあるので作業性も良好です。
IMG_1983.jpg


ちなみに、というかついでにご紹介
IMG_1984.jpg
左が先述のZ系φ69用シリンダーライナーですが、右側のはSTDボア対応で、なんとノーマルのライナーを抜いた後に入れ替えるだけで適正な嵌め合いにて組み込めるという絶妙な寸法で製作しているスリーブです!
(※シリンダーブロックの寸法には個体差がありますので完璧にすべてのシリンダーにマッチするという保証のあるものではございません(^_^;) ですので、ものよってはシリンダー下穴内径、もしくはライナー外径の多少なり加工が必要になる場合もございます…)



現時点では部品のみの販売はいたしてはおりませんが気になる!!という場合はとりあえず一度お問い合わせくださいませ。。



最近流行りのインスタ始めましたw
ぜひフォローお願いいたしますm(__)m
ENGINEERING KIYONAGA
Facebookページ→ コチラ
Instagram→ コチラ
Twitter→ コチラ
スポンサーサイト
  1. 2017/10/11(水) 19:49:08|
  2. 日記

A Day In Summer

今日は8耐だったんですね
3連覇のYAMAHA Factory素晴らしい!!

そんなバイク乗りたちの祭典もアツいのですが弊社工場内もかなりアツいことになってます(^_^;)

これからの画像は先週くらいのものなのですが…

ボーリングご依頼のZ系シリンダーをセットしつつ、、、
IMG_1850.jpg

同じくカワサキのW1はバルブガイド打替の準備
IMG_1848.jpg

その横にはハーレーの鋳鉄セットがずっしりと待機していて、、、
IMG_1846.jpg

順番待ちの棚を恐る恐る見てみると、棚に乗りきらないくらい(;'∀')
IMG_1849.jpg

こちらのスペースは、現在レストア中のゼファーの部品たちでした。
(Z系ばかり見ていると、すでにゼファーも旧車の仲間入りしてたんだなぁとか、ちょっと驚きつつもしみじみ思いますw)
IMG_1847.jpg

作業台の上にも順番待ちの…これは、ライナー入れ替えボーリングのZのシリンダー
IMG_1851.jpg

さらに、作業台の片方ではシートカットをゴリゴリ中…
IMG_1852.jpg

3面同時カットで楽々完璧♪…とか、思いつつも…
IMG_1854.jpg

こんだけ待ってると…(^_^;)!?!?!? 
IMG_1853.jpg

リフトに載ってたZ1-R2はリフトを降りまして、現在は各部パーツのフィッティングに入りました♪
IMG_1845.jpg

さらに、赤いCB72は本日納車♪♪♪
IMG_1856.jpg
奥のリフトの上はレストア中の250SS、あとは組んでいくだけなのですが、それがなかなか…(^_^;)

そうこうしていると今日もまた続々入庫…、ほんとうに、
IMG_1857.jpg

本当にありがとうございます!!

現在、九州圏内はもとより、全国の業者様、個人様からたくさんのオーダーをいただいております!!
遠方からのご依頼の場合など特に大切なパーツを鹿児島まで送っていただきありがとうございます。
ご近所でしたら実際に加工作業途中などを見ていただいたりしているのですが、遠方でそうもいかない場合など、何か思うことありましたら遠慮なくご連絡ください!!また、実作業中にこちらが気付いたりすることもありますので、そのときは弊社からも連絡して相談します!!

”会話のできる内燃機屋さん”そういう感じで目指してやっていきたいなと思っています。
よろしくお願いいたします。m(__)m
  1. 2017/07/30(日) 22:14:11|
  2. 日記

ハーレー タペットローラーのカシメ

ハーレーのメンテではメジャーなものなのでしょう
タペットローラーの交換に関して、ローラーピンの再カシメを行いました。

新品部品ASSYとしての交換の他に、ローラーピンをカシメるローラーのみの交換という方法があるのですね
IMG_1790.jpg


専用工具もあるのでしょうが、弊社ではダイセットプレスに冶具と鋼球を使ってカシメます。
IMG_1792.jpg


ダイセットプレスこそは云わばその専用工具の高精度版とも言えるかと思います。
IMG_1794.jpg


カシメ具合も良好に仕上がりました♪
IMG_1791.jpg





ここでまたちょっとお知らせが、、、
現在の入庫車両がまたもや満車状態となってしまっております。。
整備やカスタムでご予約をいただいている方へは順次入庫受付のご案内を差し上げておりますが、飛び込みでの車検や一般修理なども日々持ち込まれてくる状況です。
車両持ち込みが必要な作業の場合は、まずは電話やメールにて事前に問い合わせをしていただけると助かります。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。m( _ _ )m
  1. 2017/06/14(水) 20:55:30|
  2. 日記

とある日曜の風景… 『Z1/Z2』『MV AGUSTA F4R』『CB72』揃い踏み

弊社のイメージというと、やはり国産空冷旧車系…それもZやカタナくらいを思い浮かべる方が大半以上かと思いますが、
実は、というか、やっぱりかなり手広くやらせていただいておりましてw

今日はこんな感じです♪
PIC_20170604_182650.jpg
手前のF4Rはちょっと難儀したのであらためて機会を作ってご紹介したいと思っている作業内容だった車両です。

そのF4Rは2013年式なのですが、その後ろには今から55~56年以上前のCB72やC92が修理待ちで待機してたり、
外にはZが火の玉Z1とタイガーZ2という兄弟仁義で並び立っている…という、かなり節操のないことになっておりますwww

ちなみに、右に見えるブルターレ800は新車で、現在里親募集中♪(ストラダーレと、ヴェローチェもいますので詳細はお問い合わせください!)





修理待ちの赤と並ぶのは弊社社長が自ら乗るか、売るか、やっぱり乗るか、泣く泣く手放すか…と、散々に悩みまくっているCP77ですw
IMG_1786.jpg



このように車両整備の作業も多く入庫している状況でございまして、内燃機加工とサスペンションオーバーホールサービスをご用命のお客様にも納期の面で大変お待たせしてしまっております。。

すべての業務において、なるべく早期に通常納期に戻せるようにと努力しておりますが、車両置き場のスペースも広くない弊社でございますので、なるべく車両持ち込みの場合はご予約の連絡を事前にお願いいたします。
  1. 2017/06/04(日) 23:10:41|
  2. 日記

Z1 EXスタッド雌ネジ全部 インチ→ミリ変更

懇意のショップ様からの依頼はZ1のエキゾーストスタッドボルトの雌ネジの切り直しだったのですが

ネジ切れた1~2か所の修正ではなく、8か所すべて”インチ”でネジが切ってあったものを”ミリネジ”に変更する(戻す?)のでした!
IMG_1734.jpg

もちろん、Z1のノーマルスタッドは"ミリ"なんですが、海外からUターンしてくる車両なわけですからこういったケースも当然といえば当然。。

フライス盤にセットして、位置決めして、いつも通りの作業なのですが、
いやぁ、『Z1』…やっぱニューヨークステーキだなぁと久しぶりに思いましたwww



いつも不定で未定の弊社のGWですが、本年は5/3~5/5の三日間もしかしたら表は閉めているかもしれません。
もしご来店予定の場合は事前にいるかどうか電話確認していただければと思います。
宜しくお願いいたします。m( _ _ )m


  1. 2017/04/29(土) 14:27:05|
  2. 日記
次のページ

プロフィール

ERK kiyonaga

Author:ERK kiyonaga
エンジニアリングキヨナガです。
HPへもお越し下さい。

ERKのHPへGO