engineering KIYONAGA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ザッパーレーサー号 GPZ750Fエンジンスワップ&チューニング

夏は早いですね…
夏らしいことをあんまりしてないうちに気が付けばもうお盆。。

今日はお盆休み返上で!!…というとちょっと違うのですが、僕はちょっとタイミングをずらしてお休みをいただくことになっているので普通にお仕事をしていました。(弊社社長の場合、工場に出ていないと体調が崩れるらしいので基本いつでもいますけどw)


そうそう、タイミングをずらすというと、、、
今日の作業はタイミングを合わせるほうでした。

お客様のT様が駆るザッパーベースのレーサー、9月のアイアンホース(IHDC)に向けてモアパワーを求めてエンジンをGPZ750Fに換装したのですが、オークション購入に潜むトラブルというか…多量のオイルリークに見舞われたとのことで緊急ドック入り(;´・ω・)


どうせエンジン開けるなら費用はなるべく抑えつつも勘所は押さえ、やれることはやっておきたいということで、オーナー自らポート&バルブ研磨をしてこられました(弊社差長によるダメだし数回有りw)

そしてポート研磨の手直しを済ませたらバイト痕のあったヘッド下面を
IMG_1894.jpg

すっきり修正面研して、
IMG_1906.jpg

シートカットも施して、きっちり摺り合わせ済みです。
IMG_1900.jpg

ちょっとピストンクリアランスに関して微妙なところもある旨(街乗り併用車両のためライフも考えないといけなかったので…)、お知らせすると、スペアシリンダーをお持ちでしたのでそちらのシリンダーをボーリングして使用することにしました。


どうしても画像が縦にならなかったのであきらめたのですが(^^;
ここから今日の作業
IMG_1919.jpg

そう、バルタイ合わせです。
社長もレースシーンから離れて久しい今日この頃、この手の作業は少なくなっていたのですがやるとやっぱり面白いものです
バルブクリアランスを取るのでもシムが在ったり足りなかったり、借りたり探したり、やっぱりどこにもなかったり…w
(今日は全部揃いました♪)


ひと手間ちょっと時間とるのがこちら、
IMG_1918.jpg
カムスプロケットの長孔加工。。


使用するのはウェッブカムのST-2タイプですので
IMG_1902.jpg
カムノーズの逃がしを取る加工も必要でした。

リューターでざっくりではなく、機械に載っけてキッチリやるので美しいです♪
IMG_1905.jpg


けっきょく他にもバタバタしたこともありこれから先に進まなかったので続きの作業は明日です。。(;^ω^)
スポンサーサイト
  1. 2017/08/13(日) 23:28:37|
  2. カスタム

ZRXスイングアーム補強など

朝晩は多少肌寒くもありますが、もうすっかり春ですね
日中はとても暖かく、バイクシーズン到来!!って感じです♪

春は出会いと別れの季節…

先日は子供が保育園を卒園ということで卒園式に行ったのですが立派に成長した我が子やお友達、先生方のお話しを聞いているうちに思わず目から汗が・・・・いや、決して花粉症とかではなく。。


それはともかく、さすがに春!出会いはたくさんありますね

先日は霧島で開催されたMOTO FES SATSUMA 2016に出展させていただき、当日は多くの方に弊社のサービスを紹介させていただくことができました

会場では目玉の、RC213V-S
DSC06918-2.jpg

それと、カワサキH2
DSC06924-1.jpg

やはりこの2台が目立ってましたねぇ!
弊社の展示していたネオ・ヴィンテージ風カスタム(?)のSRもそこそこ注目度はあったような気もしますがwww
(…しまった、せっかくのチャンスに写真を撮ってくるのを忘れてたorz


そして、最近の出会いと言えば、沖縄のライダーさんのマシンをやらせていただくことが多くなってきました!
走行10万キロ超えのZ1000のエンジンオーバーホールを皮切りに、別のZ1000の前後サスペンションオーバーホール、同じくお仲間さんのオーリンズリアサス、そしてZRX1100のスイングアーム補強です!

もともとは9R用の倒立がセットされていたフロントフォークと、リアのオーリンズのオーバーホールの依頼だったのですが、FCRの装着と…と、あれこれ話しているうちにどんどん内容が増えていきましたw

弊社のZRX系トラスタイプのスイングアームの補強はちょっとこだわりの形状が自慢
DSC06970.jpg

バーリング加工を施した大きめの補強を追加するのですが、あまり重苦しく見えないように絶妙なラインで溶接しています
DSC06971.jpg
もちろん溶接熱による歪みのないように治具を装着しての作業です

また、今回はオーナー様の希望でオイルキャッチタンクも追加しました
DSC06973.jpg
バッテリーボックスがノーマルだったのでラインの取り回しに工夫が必要でしたがうまく収まったと思います♪

これが装着状態
DSC07003.jpg

DSC07005.jpg

DSC07007.jpg

DSC07009.jpg

いい感じですよね♪(自画自賛www)

また、今回のスイングアームのペイントはRice Brush Service様で施工していただいたパウダーコート、マットブラック仕様となっていて、これも車体の雰囲気にマッチしていてかっこいいです!

このところボーリング等の内燃機加工やサスオーバーホールの扱いが多くなっておりますがカスタムのほうもお受けいたしておりますので、まずはお気軽にご連絡くださいm( _ _ )m
  1. 2016/03/29(火) 23:53:37|
  2. カスタム

ゼファー1100カスタム製作中 ~自社ボーリング~

先週に予定していた一泊ツーリングが台風で流れてしまい残念だと打ち拉がれる暇もなく業務が詰まっております。。
ご依頼を受け、車両をお預かりしているお客様へは大変お待たせしておりますm( _ _ )m



そんな中でじっくり進行しているゼファー1100が徐々に形になってきました♪
ちょっぴり紹介していきたいと思います、といってもここではまだ単体の画像ばかりですが、、、、

超重量級のエンジンを抱えるフレームはブラックの粉体塗装
_DSC6048.jpg


旧Z系とすると流石に部品点数が多くなっているエンジンをヘンテコな角度から…
_DSC6047.jpg


内燃機加工については、ヘッド回りの作業だけでなく
ボーリング/ホーニングも自社で行えるようになったのは強みです!
_DSC6054.jpg

_DSC6046.jpg

_DSC6058.jpg

_DSC6055.jpg


この車両、実はまだ完成形は未定なんですw
今後も仕様をあれこれ検討しつつ仕上げていくということになりますので自分たちもワクワクしております♪



このゼファーの他にもGSX-1100Sカタナ、GPZ900Rニンジャのスイングアームスタビ加工等、まだまだ業務は詰まってしまっておりますが、頑張ります!!



今日のおまけ画像は、、、
8月末に行われたコルサスポルトチャオ走行会の時に参加されていたイタリアの『PATON』というメーカーのマシン
_DSC6016.jpg
MV AGUSTAのGP500と並ぶ姿も見たかったですが、雰囲気が在ってカッコいいバイクでした♪





  1. 2014/10/22(水) 22:50:38|
  2. カスタム

Z1000J フレーム補強

今回は懇意のショップさんの中でも鹿児島のカワサキカスタムではイットー元気なウイナーさんからお預かりしているマシンのフレーム補強です。

先ずはJ系での定番!
IMG_0245.jpg
いわゆるS1タイプとは少し形状が異なり、左右連結パイプが追加され、そこからツッパリくんです。

これまた定番の左右ピボット三角地帯
IMG_0243.jpg
往年の丸パイプタイプとしました♪

リアサスマウント手前
IMG_0244.jpg
今回レイダウンはありませんが、ストレスのかかる部位はさり気なくもしっかりとおさえます。

ヘッドパイプ後方
IMG_0241.jpg
ネック裏で仕事をしてくれるツッパリくんです♪

チェーンライン確保ザグリ
IMG_0248.jpg
ココも現在は定番ですが、17インチ・ワイドホイール対応の為の加工です。


こちらの車両ではキャリパーサポートやバックステップも製作しておりますので、追ってご紹介したいと思っております♪
  1. 2014/09/24(水) 18:26:12|
  2. カスタム

ハーレーダビッドソン ダイナ カスタム

弊社のカスタムといえばZや、KATANA等の国産旧車系ばかりかと思われがちですが、ドカティや、もちろんハーレーも手がけております!

こちらはダイナ
ストレッチタンクとフェンダーをを加工装着したマシンです♪
IMG_4364.jpg

IMG_4366.jpg

ちょっとこだわったのはこのテールランプまわり
IMG_4367.jpg

こっちのほうが見やすいかな…
IMG_4370.jpg

3枚めの画像にチラッと写ってますが、さりげなく小ぶりなタコメーターも装着しました♪



内燃機加工をスタートしてからすでに数台のハーレーの作業もこなしてきましたが、ハーレーはヘッドに…特にバルブまわりに不具合があるものが多く見受けられます。
エキゾーストとトルク感のあるオートバイですので慣れてしまっていればこんなもんだーと思い込んでしまっているかもしれません、タイミングがあれば一度チェックしてみることをオススメ致しますm( _ _ )m


  1. 2014/06/26(木) 11:41:55|
  2. カスタム
次のページ

プロフィール

ERK kiyonaga

Author:ERK kiyonaga
エンジニアリングキヨナガです。
HPへもお越し下さい。

ERKのHPへGO

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。