engineering KIYONAGA

ワークスパフォーマンス リアサス オーバーホール

弊社のリアサス修理=『SUSPENSION OVERHAUL SERVICE』…略して『S.O.S』
おかげさまで好評いただいておりますm(__)m

定番のオーリンズや、HONDA系のSHOWAの他、
弊社の得意とするところである”ヨシムラKYB”や”CBX系のエア加圧タイプ”に次いでオーバーホールのご依頼が急増しているのが”クアンタム”と、今回紹介する”ワークスパフォーマンス”のリアサスです!

今回は2セット同時入庫!!
PIC_20170720_103149.jpg


大幅に端折って…
完成!!www
PIC_20170720_145808.jpg
実は今回、通常在庫しているはずの部品が製造メーカー欠品という稀な事態に陥ってしまい、ただでさえ遅れを取り戻すためにてんやわんやなのに余計にお待たせしてしまいご依頼主様には大変ご迷惑をおかけしてしまったので反省です。。

ですが、ちょっと前までは弊社でのワークスパフォーマンスの修理はといえば
CIMG1863.jpg
このようにリザーバータンクをボーリングする手法をとっていました。

それは、この↓経年劣化で砕けてしまう樹脂製の純正ブラダ(右側)に代えて、国産サスにも使われているゴム製のブラダ(左側)を使用するため…だったのですが、、、
20170720_112848.jpg

これまたおかげさまであります、このところの内燃機加工サービスの好評のせいもあって、工作機械もフル稼働しているため、リザーバータンクをボーリングするタイミングでフライス盤が使えないという事案が発生。。

それならば、ということで部品構成を検討して本体加工なしで修理オーバーホールを可能としました。
…まぁ、考えてみれば遅かれ早かれこうなっていたんでしょうけど(^_^;)

新設計のバルブキャップパーツを装着、修理完了したものです。
PIC_20170720_145834.jpg
このようにすっきりシンプルなルックスに仕上げることが出来ました!
これならパーツをストックしておけば工作機械の稼働状況に関係なく作業できます♪(今回のような不測のバックオーダー状態にハマらなければ…orz)
数タイプを作り分けているので、機能性/作業性といった部分を熟考して煮詰めてアップデートしていければなと思います。


それで、いつも貼り忘れてしまうのですが控えめなERKシールをペタして完成でした♪
20170720_145933.jpg



9月のアイアンホースに向けてのリアサスメンテナンス依頼が増えてきそうです!
予定のある方は是非、お早めにご連絡くださいませ!!m(__)m
スポンサーサイト
  1. 2017/07/20(木) 23:08:47|
  2. O/H

日々の作業 リアサスオーバーホール

イベントの関係でバタバタしてしまいましたので通常の日々の作業のほうも進めなくちゃです!

リアサスのオーバーホールにつきましても現在も多くのご依頼をいただいております。
ヨシムラKYBや、CBX系エア加圧タイプ等の特殊な?タイプのものばかり紹介してきておりましたが、実際にご依頼が多いのはメーカー純正のものです。

中でもXJRのOHLINSや、
DSC_0003.jpg

CB400SF、CB1300SFのSHOWAの純正サスは、
DSC_0002.jpg
引っ切り無しのペースで作業しているような気がします(^^;)

再めっきが無ければ約1週間以内で返送という理想の納期に戻せるようペースを上げていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします!!


そんな中でやはり特殊なタイプが入ってくるとちょっとお時間いただくことになるのですが、、、
今回はドゥカティ純正のザックスのモノサスのシールホルダーを製作しました♪
DSC_0038.jpg

外観の形状はそのままに次回からのメンテナンスを容易にできるようにモディファイしてあります。
こちらにはこのあとシリンダーボディーに窒素ガスを封入するためのガスバルブを装着する作業をして組み立てになります。


そろそろ暖かくなってきますのでシーズン入り前にサスメンテをと考えているライダーの皆様、サスペンションオーバーホールのご用命は是非とも弊社にお任せください!m(__)m
  1. 2017/03/29(水) 11:52:16|
  2. O/H

ヨシムラKYB RSタイプ オーバーホールしました♪

弊社のサスペンション・オーバーホール・サービス…通称:S.O.S(笑)
おかげさまで大変に好評をいただいていて、現時点でお預かりしているものも納期が遅れてしまっており、関係者の皆様にはご迷惑をおかけいたしております(-"-;A ...

そんな中で今回はヨシムラKYBのRSタイプのオーバーホールをいたしました
このサスは、いわゆる”カシメ式”というモデルとは違い、オーバーホール作業自体は特に問題なく行うことができるのですが、今回はオーナー様のご要望で全身ブラックにオールペイントしました!

IMG_1228.jpg

プリロードアジャストとリザーバータンクキャップだけはオリジナルを活かして重くなりすぎないコントラストを狙いました
IMG_1234.jpg

パーツによってペイントとブラックアルマイトを使い分けてあります
IMG_1230.jpg

ナイトロンやオーリンズでもオールブラックのモデルが流行りつつあるようですが、このヨシムラKYBのように往年のモデルを自分好みにしてみるのもカスタムのひとつとして面白いですね♪
IMG_1232.jpg





ちなみに、現在、これまでに扱いのなかったサスをオーバーホール可能かどうか再検証すべく動いております!!

こちらはお客様よりご依頼で初めてのモデル【ダイナミック・サスペンション】
IMG_1236.jpg
弊社が行う加工等の作業で問題なくオーバーホール可能そうです


そして、過去にも問い合わせの多かった【CB系FVQサス】
IMG_1268.jpg

サンプル品のためサビサビのボロボロですが…(;´・ω・)
IMG_1266.jpg
これは流石にいろいろ課題があり、一筋縄ではいかなそうですね。。



おまけで、というか普段では手を付けないであろうMTBのサスペンションも分解中www
DSC_0095.jpg
【マニトウ・ラジウムR】というエアサスで、以前に弊社でKATANAのフルカスタムを製作したオーナー様からの依頼で「では、とりあえずバラシてみますね」という感じでやってみております

それと、この後は知る人ぞ知る!?【S&Wモンロー】のサスペンションの検証もやってみる予定です♪

現時点でそれぞれのサスのオーバーホールの可否について明言はできませんが、進展がありましたら当ブログや弊社Facebookページ等で随時お知らせいたしたいと思っておりますので、どうぞヨロシクお願いいたします♪

  1. 2016/07/13(水) 20:24:22|
  2. O/H

CBX400F & ヨシムラKAYABAリアサス オーバーホール

先日、宮崎のFUJITA FACTORY様からCBX400Fのエア加圧式リアサスがオーバーホールのために送られてきました。

IMG_3900.jpg

ちなみに、FUJITA FACTORY代表の藤田さんは独立開業に向けての数年間、弊社社長のもとで修行していたこともあり以前より懇意にさせていただいていて、私にとって尊敬すべき先輩でもあるのです。


ボトムしたまま伸びてこないということですので、早速バラして内部の確認
IMG_3901.jpg
・・・あら?意外にもキレイじゃないですか!?

と、思わせておいて、厄介なのはこの状態であること。。
IMG_3902.jpg
ちょっとやそっとじゃロッドが抜けて来ません。。
本来であれば画像上部のトップエンドとインナースリーブの間にロッドが見え、自由にストロークするはずなのですが…つまり、やはりこの中で例の事件が起きているということです。


インナーシリンダーを分解!
IMG_3910.jpg
ほら、やっぱり。。

拡大してみましょう
IMG_3912.jpg
びっちりでしたwww
これらを洗浄除去し、内部をリファインしてオーバーホールしていきます。




並行して関東よりヨシムラカヤバのオーバーホールが2セット送られてきたのですが…
IMG_3905.jpg

ロッドの状態が・・・・
IMG_3909.jpg
弊社では基本的に、よっぽど状態が良い場合を除いてロッドは再メッキをするようお勧めしておりますが、今回は予算の都合ということで仕方なく研磨・バフ仕上げのみで組んでほしいとのこと。。
ファンの多い貴重なサスですので、こちらとしてもなんとか再メッキまでの予算をと提案しましたが今回は難しいようでしたので、そのまま作業することになりました。
打痕や点サビを1つずつ確認しながらオイルストーンでカドを落とし、最終的にはバフで段を極力滑らかに仕上げます。
オーバーホール完了直後に漏れるなんてことは今までありませんが、再メッキなしでのオーバーホールは保証対象外となりますので、ご了承ください。



  1. 2013/03/06(水) 13:23:39|
  2. O/H

DUCATI ムルティストラーダ ローダウン

いよいよ春めいてきました…と、思わせておいてしっかりまだ寒い今日この頃です。。


今回のネタはお馴染みのサス・ショートカット、ドゥカティのムルティストラーダ'13(!)のものです。
IMG_38781.jpg

DSS(ドゥカティ・スカイフック・サスペンション)と呼ばれる新しい電子制御のサスペンション。
ロッド下側のケーブルは、BMWの電子制御サス"ESA"はコネクター式でしたが…これはどうやらロッド内部にも通じているような、、、
ハラハラワクワク、ドキドキしながら分解してみると、

ドーーーーン!!
IMG_38811.jpg
な、なんか付いてるwww


しかも、
IMG_38821.jpg
バーコード!?!?
念のため、スマホのバーコードリーダーで読み取りに挑戦してみましたが、まったく無理でしたw


だんだん、どんどん進化していくのは素晴らしいことですが、難儀になってくるなぁ… (ボソッ)



ショートカット加工自体は問題なく完了して、ガスバルブもシンプルで目立ち過ぎないタイプをセットしました。
IMG_38901.jpg
簡単なものに見えますが実は裏と表と内側がよく出来ておりますw


定番の漏れチェックも。
IMG_38881.jpg


これで組み上げてダンパーユニット完了。
IMG_38931.jpg

この後、スプリングのレート/プリロードを適正なものに変更してセットして完成です。

納品後、問題なく機能したとの連絡をいただき一安心でした♪






今日のオマケ画像は・・・
コチラ↓
IMG_38981.jpg
カヤバ系のサスのシールホルダーなのですが、どこか他社でオーバーホールされた形跡が…というか、もはやグシャグシャ…いくらなんでもカシメかたが雑過ぎるでしょう・・・

  1. 2013/02/25(月) 23:19:26|
  2. O/H
次のページ

プロフィール

ERK kiyonaga

Author:ERK kiyonaga
エンジニアリングキヨナガです。
HPへもお越し下さい。

ERKのHPへGO