engineering KIYONAGA

Z1ヘッド バルブガイドベース部 修正

Z系のエンジンでは様々なトラブルに見舞われたものを目にしてきましたが、今回もまた残念なヘッドを、、、


EX側のガイド下穴付近がバキバキに破損してしまっていました。。
IMG_1862.jpg


レッドチェックの結果、幸いにも重要な内径面へのクラック等はありませんでしたので熔接肉盛りにて補強修正していきます
IMG_1864.jpg
画像は粗削りしているところです


ある程度出来たらフライス盤にセットしてバルブガイド下穴を掘ります。
そして、これをSTD形状になるように整形して仕上げて、
IMG_1865.jpg

画像はないのですが…最終的にはバルブガイドを打ち込みレッドチェックまで確認して完了でした!!

スポンサーサイト
  1. 2017/11/09(木) 22:42:32|
  2. 内燃機加工

HONDA "CB1100R" ライナー打ち替え

日本の旧車の中でも名車と呼ばれ、多くのファンをもつバイクたちは多数ありますが、なかなか実物を目にすることも少なく、かっこいいマシンの一つが『HONDA CB1100R』!!

今回はそのシリンダーのライナー打ち替え&ボーリングのご依頼を承りました♪

IMG_1994.jpg

奥は抜き取ったライナーですが、このシリンダー、ちょっと難しい。。

シリンダー下穴内径、スリーブ内径を測定する際にはX/Yで上中下の、最低でも6点で計測するのが鉄則なのですが、その結果今回お預かりしたシリンダー、縦と横でけっこうな数値の変形がありました…分かり易く言うと楕円になっていました。

この下穴に対していくら精度の高いライナーを入れても結局は適正な嵌め合いになんてなるはずもありません。。

画像でご覧いただけるかと思いますが#1/2、#3/4の隣接シリンダー内径同士の肉厚が薄いので、楕円になってしまったライナー下穴の真円修正は必要最小限値として、ワンオフ製作するシリンダーライナーの外径のほうで適正嵌め合いとする方法をとることにしました。
(一般的には出来合いのライナー外径に合わせてシリンダー下穴側をボーリングで拡大し調整する)

ライナーが完成しましたら続報をアップしたいと思います♪
  1. 2017/10/17(火) 22:42:33|
  2. 内燃機加工

KAWASAKI H2 クランクシャフト分解芯出し ベアリング交換

このところクランクシャフトオーバーホールのご用命が増えてきました♪

今のところ単気筒~3気筒を作業受け入れ可能という感じです。


今回はカワサキ750SS”H2”のクランクシャフト
20171004185225536.jpg
分解~芯出しで、今回は部品支給でベアリング交換でした。


IMG_1966.jpg


sorabai1


IMG_1972.jpg


IMG_1970.jpg


入庫時の最大振れは0.1mmでしたが、、、

[広告] VPS


ほぼ”0”、およそ0.01mm以内に収めることが出来ました♪



2気筒の場合などはこちらの小型のダイセットプレスで組み立てます。
IMG_1973.jpg
組み立てるだけでも0.02mm程度の振れにおさまる精度です!


これから本格的に受け入れを始めるとするならば…ということで、クランクシャフトのオーバーホール作業は
題して、『Crankshaft Rebuilding Service(クランクシャフト・リビルディング・サービス)』

さらに略して、、、"C.R.S" と呼ぶことにしました…う~ん、なんだかキャブレターの名称にしか見えないけど、まぁいいか(笑)
  1. 2017/10/04(水) 19:04:26|
  2. 内燃機加工

MV AGUSTA F4 エンジンオーバーホール

以前にFacebookページで少しだけ触れておいたMVアグスタのF4のエンジンです。

16865008_1585232451505439_835952663822492859_n.jpg

この車両、冷却水が少ない状態でけっこうな走行をしてしまい、画像でも分かるように#4シリンダー側ははっきりと変色してしまっています。
クーラントを足してテスト運転してみると、クーラントは減っていくのにエンジンオイル量に変化は無いようでしたので
どうやら…というか、やはり熱歪みで変形してしまったシリンダー/ヘッド間で燃焼室に混入して蒸発してしまっている様子。。


Z系なら目をつぶっていても組めてしまいそうな弊社社長ですが(笑)、さすがに国産旧車とは勝手が違いますので今回は時間をかけて各部をチェック、吟味しながらバラシていきましたよ。



それで、かかった時間とバタバタとしていた密度とは真逆に、またしても画像をことごとく撮り忘れておりまして、、、

撮っていたのがコレです。
IMG_1700.jpg

こちら、ヘッド下面ですね。
面研を行いますので、青ニスを塗布してあります。

これを一度…というか、何回かに分けてちょっとずつちょっとずつ面研を進めていったのが
こちら

IMG_1701.jpg

えぇぇ~!?
今何ミリいったっけ!?と、記録用紙を二度見三度見するくらいの加工量です。。

バルブシートのキワまでギリギリのところまで行ってようやく完了でした。
メッキシリンダーのほうも平面研磨機にて面研を行ってもらいまして、ようやく組めると安心したのもつかの間。。



組み立て工程に入っても、スキッシュエリアの確認やバルタイ調整のためのカムスプロケットの取り付け長孔加工など最後まで難儀しました(^_^;)


それで、いつもと違う感じのエンジン搭載作業を経て、ようやく美しいF4のカタチに戻ってところで、
これまた昔からの弊社のお客様から見れば「うわ、似合わないことやってるw」と言われてしまいそうな診断機を接続しての最終チェックです♪
IMG_1798.jpg

このあと、ドキドキしながら数回の試乗をしてみましたが、冷却水の量/温度、ファンの動作など問題ありませんでした!!


最終段階で目に飛び込んできた、ものすごい安心感を与えてくれた画面ですwww
IMG_1799.jpg


今回は通常の国内在庫部品だけでなく、本国BOとなっているパーツなどもあったため、オーナー様へは車両お預かりから随分とお待たせしてしまいましたが先日に無事に納車いたしました。

梅雨明けだし、このシーズンに間に合って良かった~ε-(´∀`*)ホッ



大がかりな作業がたまっており、内燃機加工、リアサスオーバーホールともに納期ちょっといただく感じになっております。
お急ぎの場合などは事前に電話にてご連絡くださいますようお願い申し上げますm(__)m






  1. 2017/07/05(水) 17:44:05|
  2. 内燃機加工

SUZUKI TS400 "ハスラー"ボーリング

珍しい?

ハスラー400のシリンダー、ボーリングいたしました♪

IMG_1770.jpg

ビッグボアシングルの2スト…僕は乗ったことありませんが、どんな乗り味なんでしょう!?


  1. 2017/05/24(水) 21:52:39|
  2. 内燃機加工
次のページ

プロフィール

ERK kiyonaga

Author:ERK kiyonaga
エンジニアリングキヨナガです。
HPへもお越し下さい。

ERKのHPへGO