engineering KIYONAGA

カワサキ ゼファー400→510cc ボアアップ ボーリング

カワサキ伝統の空冷直四空冷2バルブを継承してミドルクラスネイキッドブームの火付け役となったゼファー
Z1/Z2とも似ているようで似てないようで…それでいてFX系も踏襲したような絶妙なデザインで大ヒットしたマシン。。


今回はそのゼファーを510ccへとボアアップするためのボーリング加工のご依頼でした


キットに付属のスリーブへと打ち替えるため、シリンダーからライナーを抜き取り、シリンダーボーリングを行い、適正なクリアランスで圧入します

奥が抜き取ったライナー、手前がキット付属のライナーです
DSC06531.jpg

ちなみに、バラしたシリンダーをひっくり返したらライナーが抜け落ちた…というのはZ系ではよくあるパターンですw


ライナー下穴加工が完了しました
DSC06526.jpg

ライナーを圧入したら、なじませるためにプレシング
DSC06533.jpg

修正面研の図
DSC06537.jpg


ピストンクリアランスも指定の値に、ホーニングを終えて完了でした
DSC06540.jpg


ミドルクラスの軽い車体に、適度な排気量アップでモアパワーを得たエンジンっていうのはキビキビ走って楽しいですよね♪





おまけ画像というか、同時期にお預かりした古いハーレーのヘッドなのですが、、、

DSC_0009_28.jpg

壁面、フィンとフィンの間にクラックが!!
ここからオイル漏れを起こしているようです。。
DSC_0011_26.jpg

作業すべく、さらに削っていくと・・・
DSC_0014_24.jpg
なんと、フィンの根元部分に大きな亀裂が!!

これはもう、できるところまでやってみるしかないですね。。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/02(水) 20:36:51|
  2. 内燃機加工

プロフィール

ERK kiyonaga

Author:ERK kiyonaga
エンジニアリングキヨナガです。
HPへもお越し下さい。

ERKのHPへGO