FC2ブログ

engineering KIYONAGA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Z系クランクケース ベアリング支持部の修正

Z系のクランクケースの泣き所というか、#3と#4の間のクランクベアリングの位置決めノックピンの入る部分の破損です。

転倒によるダメージだけでなく、ハイパワーなカスタムではここの破損がよくあることではあるのですが、さすがにもう40年くらい経過しているわけですからSTDとかワンオーバーくらいのピストンで組まれているエンジンであってとしても蓄積されたダメーからの破損も増えてきているようです。


熔接~肉盛りを済ませてフライス盤にセットします。
IMG_2176.jpg

慎重に加工を進めます。
IMG_2181.jpg
切削箇所周辺の青ニスは目安で、これを引っ掻くほど加工するわけにはいきません。

整形まで、一通りの作業が完了しました♪
IMG_2185.jpg

ラインボーリングで加工された部分を追加工でゼロ公差になんてすることはできません。
IMG_2183.jpg
ですので、加工個所のみを1/1000台で極々僅かに低くしてあります。
光明丹でベアリングの当たりを見るとこういうイメージです。

最後にピンを打ち込んで完了!!
Z系のクランクシャフトのスラスト方向の位置決めはこのピンのみによって固定されているので、これの位置も当然ながら狂いなくピンポイントで修正してやらないといけないんです。
IMG_2185.jpg

鹿児島は先日に桜の開花宣言、そして来週には満開…
いよいよ今年も本格的にバイクシーズンが始まりますね!!
スポンサーサイト
  1. 2018/03/21(水) 21:53:44|
  2. 内燃機加工

プロフィール

ERK kiyonaga

Author:ERK kiyonaga
エンジニアリングキヨナガです。
HPへもお越し下さい。

ERKのHPへGO

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。