FC2ブログ

engineering KIYONAGA

カワサキZ系 クランクシャフト支持部 クランクケース修正

皆様、GWは楽しまれましたでしょうか!?
弊社の常連様方も大雨のキャンプツーリングなど、最高の思い出づくりができたようですwww
今が一番バイクが楽しい時期ですが、いよいよ台風が近づいて来ているようですね。。


さて、今回はハイパワーチューンドエンジンにおけるリスクを再認識させられるような案件

下の画像は修正後に撮ったものですが、Z系のエンジンでそれなりのパワーを引き出したチューニングをしている場合、文字通りエンジンの要であるクランクシャフト及び、その軸受け部には相当なストレスがかかっているわけですが、時にはこのようにクランクシャフト支持部分が破損してしまうことがあるのです。
IMG_0564.jpg
特にスプロケットに近いと引張の度合いも強烈なため特にこの2番気筒あたりは危険です
強化プレートを使用して対策をとるのはこのためでもあります。

破損部分を熔接肉盛りしてフライス盤にクランプするのですが、このときのバーチカル&ホリゾンタルの正確性は極めて重要、かなりシビアにセットいたします。
IMG_0544.jpg

覗きこむとこんな感じです
IMG_0550.jpg

寄ってみるとこんな感じです
IMG_0551.jpg

こんな感じで切削していきます
IMG_0553.jpg
簡単なように見えますが、キッチリやるのはけっこうアレです。。

最終的には合わせ面の密着度をストックのクランクシャフトやベアリングを使って検査して完成となります!
IMG_0560.jpg


このように弊社ではボーリングやバルブ周りの内燃機加工だけでなく二輪エンジン全般においてあらゆる加工や修理を承っておりますので、何かお困りのことや不慮のトラブルがあった際にはお気軽にご相談下さいませ♪





おまけ画像とゆうか、お知らせとゆうか、、、
_DSC6328.jpg

現在、弊社ではZ1を製作中でございます!!

_DSC6327.jpg

今のところ、仕様は基本的にノーマルルック+α的なイメージで…と思っておりますが、オーダーがあればもちろんお好みの仕様への変更、カスタムも可能です。
価格や完成時期など未定ではありますが、気になる方はご連絡お待ちしておりまーす♪
スポンサーサイト



  1. 2015/05/11(月) 23:54:33|
  2. 内燃機加工

プロフィール

ERK kiyonaga

Author:ERK kiyonaga
エンジニアリングキヨナガです。
HPへもお越し下さい。

ERKのHPへGO