FC2ブログ

engineering KIYONAGA

RZリアサス ガスバルブ増設(2011/9/20 追記)

RZのリアサス・オーバーホール時に窒素ガス充填のためのガスバルブを増設するのですが、今回からかなり小さめのものにできるようになりました。

RZ02


他の車種の場合でもサス周辺のフレームやリンク部に干渉しないよう、なるべく小振りなものにしたいので、今後もこの方法を活かしていきたいと思います。

RZ01


<追記>
今回のRZのサスペンションの場合、ガスバルブを新設すべきシリンダー自体に然るべき肉厚があったので画像のような手法をとっています。(シリンダー本体にタップを切り、バルブパーツをネジ止め)
また、シーリングに関しては画像ではシーリング・ワッシャが目立っておりますが、実際にはバルブパーツ内にあるシリコンにてガス漏れを止めております。


ちなみに、以前ご紹介したBMWのESAサスのようにシリンダーの肉厚が足りないものに関して、新設するガスバルブはやはり溶接となるわけですが、、、

R100RT6

ご覧のように、車体へ干渉しないように極力低くするようにしております。

言ってみれば、ただバルブパーツを溶接するだけの作業ですが、車種によってはサス・シリンダー内にプラダやフリー・ピストンが内蔵されたものがありますので、そういった内部パーツに溶接熱による影響がないように慎重かつ確実に施工いたしております。


スポンサーサイト



  1. 2011/09/01(木) 17:38:46|
  2. O/H

プロフィール

ERK kiyonaga

Author:ERK kiyonaga
エンジニアリングキヨナガです。
HPへもお越し下さい。

ERKのHPへGO